日々の真横に佇むフィクションのリアル
タイトルビオトープ
著者こんにゃく
ブースなし
紹介文
6作から成る短編集。それは物語というよりも「日々」そのもので、通勤電車の中で読むわたしの隣にただ、佇んでいた。日々とは時間の流れであり、人が何かを解決したり昇華したりする過程の速度と1日24時間という決まった時間の速度はまったく関係がないのだ。ということを、教わったような気がする。でも確かにそうやって生きてるような気がする。
4番目の、「BrokenYouth」がとても好き。
紹介タイプ大好きな本
紹介者きり



揺るぎのない耽美。
タイトルビオトープ
著者こんにゃく
ブースなし
紹介文
細かい描写がしっかり入っていて、きゅんとくる描写がたっぷりあって、
想像を膨らませながら読む層にはたまらない一冊だと思います。

象徴的だったのが
「おやますわりでまっていて」
「モーリー」
「BrokenYouth」
の3作品。

特に好きなのは「BrokenYouth」です。

特別なことなんてなんもない
でもなんだか特別になっちゃいそうな
でも何も起こらない
そのぎりぎりの感じがリアルで、どうしようもなく愛おしくて、
あったわけでもない空気感が妙になつかしくて、
すごく大切な気持ちにさせてくれるのです。
紹介タイプ大好きな本
紹介者にゃんしー





タイプ紹介文タイトル著者
歴史小説の「ことはじめ」に 切腹事始 唐橋史
海に浮かぶ箱庭ブラックボックス ミニチュアガーデン・イン・ブルー キリチヒロ
理性的な狂気 グランジナースの死 ひのはらみめい
この世界を自由に遊ぶ名前を持たない女の子 キャンディと王様(全3巻) にゃんしー
泣きながら、圧巻の結末。 イカサレ 山本清風
本というよりも作品 よるべのない物語 キダサユリ
淡々と、青い春 スローカーブを、もう一球 山際淳司
とっても可愛い女の子 METEOREP 木野誠太郎







戻る