出店者名 にゃんしー
タイトル キャンディと王様(1)
著者 にゃんしー
価格 1000円
ジャンル 大衆小説
ツイートする
紹介文
野球が大好きで、可愛くて、一生懸命な
千船女子高の非公式野球部の
女子たちの日々。

なかでも強いのは
“キャンディ”こと、エース・乙彼若菜と、
“王様”こと四番・神田川水樹。

男の子が大っ嫌いだったはずの水樹が
恋をしたとき、野球部は……

 千船女子高は、尼崎市南の工場地帯にある。
 南西を阪神なんば線、北を阪神本線、南東を左門殿川に区切られたデルタ地帯である。
不便である代わりに地価が安く、千船女子高以外は大型の工場が並んでいる。
 町には絶えず工場の重低音が響き、授業に飽きた際にはそれを子守唄代わりに居眠りをする。グラウンドをぐるぐると十数周走った後、膝に手を当てて大きく息をすれば、潮気に交じって酸味の強いケミカルな匂いがする。
 この町が好きだった――と云うには、彼女たちに他の選択肢があったわけではない。千船女子高は、地域の標準的な女子――悪く云えば、何の取り柄もない女子――が通う、公立校である。当たり前のようにこの町に育ち、当たり前のように千船女子高に進学した。
 周囲から隔絶されたデルタ地帯がそうさせているのだろうか、年齢の割にはどこか幼い、純粋な少女が多かった。周囲に男子校はあったが、交流はほとんど無く、彼氏のいる生徒も極少なかった。そこに至るには、同世代の女子よりも、何か大きなものを乗り越えなければならないかもしれなかった。


少女たちの周囲、手を伸ばせば届く場所には、読者である私たちの見知った言葉が散在する。
そうだ、これは現在の。そして過去の。これは少女たちの視界だ。
手の届かないものは未知の異物で、それらから身を守る永遠にも思える保守的な楽園。
秘密裏の裏切りと罪悪。世界は崩れる。未来、受験、異性、未知のもの、
全て日常に含まれるものによって。
彼女たちは野球を愛した。誰より身近な親友を愛した。
必ず来る別れの前に。
推薦者犬尾春陽

分厚い3巻構成に驚きましたが、いかにも高校生っぽい性の問題(これが結構生々しい)と、
悩みのなさそうな無敵ピッチャーの鬱。
2巻目で沈みに沈んで、3巻目から始まる巻き返しの快進撃が非常に快感。
悪者が悪者として存在せず、いかに自分で自分たちを救うかっていう点で
意外に深い作品になってます。
推薦者想詩拓

やきう。
「野球をする女の子の話」ですが、野球に詳しくなくても、問題なく
楽しく読めます、ということをまず伝えたいです。

あ!でも、野球を知っていたら、プロ野球が好きならより楽しめることは
間違いないと思います。
でも、プロ野球のことを全く知らない私でも、章のはじめなどで
いきなり語られる野球選手のうんちくなど、興味深く読みました。


主人公の「キャンディ」と「王様」の、
「キャンディ」がなぜキャンディなのか、「王様」がなぜ王様と呼ばれているのか、
何度も作中で語られるその理由がうっとりするほど美しいのです。
何度も何度もその理由が出てくるので、だんだん酔ったような
気分になってくるほど。

この二人が(バッテリーを組んでるわりにクールな関係の)、
笑いあうシーンがとてもいいなあと思いました。
おんなのこかわいいいっっ!!!
ってなった。


それ以外の登場する女の子たちもとても魅力的。
仲がいいのか、わるいのか、よいこなのか、よくないこなのか。
家庭環境も、偏差値も、みんなバラバラでまとまっているのかいないのか
わからない、けどみんな野球が好きな女の子たち。


いつまでもこんなきらきらした女の子たちを見ていられると
おもったんだ、二巻を読むまでは……。
(二巻の推薦文に続く。笑)
推薦者壬生キヨム



推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください