TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

1.チェックボックスで注文する書籍を選択ください
2.上メニューの「購入する」→「カートへ」から購入フォームにお進みください
  • カートに入れる

    DayDream Quest 〜最弱勇者が復活を繰り返したら魔王と対決することになりました〜

    伊織、くまっこ、コドウマサコ、島田詩子、藤木一帆、ほた、野間みつね
    500円
    エンタメ

  • とある事情から勇者を目指している少女リョウ。旅の出だしで何度も何度も死んでしまっては幼馴染みの僧侶タツに復活させてもらう日々を送っていた彼女は、なかなか先へ進めないでいたが、タツが半強制的に墓地へ行けと指示した時から話が急展開の様相を見せ始め……? ▼伊織(兎角毒苺堂)、くまっこ(象印社)、コドウマサコ(鏡の森)、島田詩子(虚影庵)、藤木一帆(猫文社)、ほた(夢花探)、そして野間みつね(千美生の里)の7人が、一応ファンタジー? という形でリレー。4巡で何とか綺麗に落ちが付きました。▼最初はシームレス掲載で物語自体をお愉しみいただき、後から答え合わせのコメンタリーページを付けるという構成にしています。▼「千美生の里」刊行物としてはレアなB6判。表紙を除く本文の半分以上64ページ分が赤墨2色刷、裏表紙に至るまで某RPGオマージュデザイン、表紙ロゴの触手に箔押し……などなど、装幀もお見逃しなく!

試し読み

 勇気ある者よ 死んでしまうとは情けない
 傷つく者を癒し 死に魅入られた者に救済を与えよう

 これは宣託である
 さあ、再びその身体に神の祝福と加護があらん……

 朗々と響く厳かな「声」は、そこで唐突に途切れた。
「なんだお前か」
「酷い! 最後まで『宣託』くらい言いなさいよ!」
 先程までの厳かな声とはうって変わって、呆れを滲ませた男の声に、甲高い声が猛然と抗議をがなりたてる。
「これが最後まで言ってない、ということが分かるほど『宣託』を聞いてるだろう」
「うぐ!」
 男の声に、思わず呻く声が響くが、もちろん黙っていたのは一瞬である。
「だとしても! 職業放棄せず、最後まで告げるものよ!」
 なおも騒ぐ声に、彼はこめかみに指を当て、ため息をついた。
「毎度のことではあるが、本当にうるさいな。慣れ過ぎだろう」
「な、慣れてるわけじゃないわよ! ただ、ちょーっとだけ、ここに来る回数が多いだけよ!」
「その時点で、すでに『死んで』いる回数が多いわけだが」
「うぐう」
 再び言い負かされた少女がようやく黙ると、男は大きくため息をついた。
「やれやれ、リョウ。職業選択の自由があるとはいえ、いい加減転職を考えたらどうだ。『勇者』なんてやるものじゃないぞ?」
 男の声に、さらに声の主……リョウが呻く。
「いいか、『勇者』といえば、愛と勇気と希望と、オールマイティーな能力と、絶妙な抜け加減が必要な職業だ。お前、『抜け』しかないだろう」
「酷い!?」
 リョウの叫ぶ声に、しかし男はさらに続ける。
「いくら権利とはいえ、外にでては『死んで』しまい、この教会に戻ってきては『死んでしまうとは情けない』という宣託を受けながら『生き返る』とは言ってもだな、こう毎日来られてはたまらないのだが」
「毎日じゃないもん! 昨日は来なかったもん!」
「休みで寝てたからな」
「うぐう」
 再びリョウが呻いて黙る。
「とにかく、ここは『教会』だ。何度でも冒険者を受け入れはするが、俺はそろそろお前の顔は見飽きた」
「見飽きたとか幼馴染に言う言葉か!?」
「幼馴染だからこそ見飽きたあげく、職場でもお前を見るとかどんな罰ゲームだ」
「さらに酷い!?」
 本当に先ほどまで静かに『死んで』いたとはとても思えないほど、リョウは喜怒哀楽に忙しい。
「だったらあんたが付いてきてくれればいいでしょ! この筋肉お化け! なんでその身体で『僧侶』なのよ!」

     ―――作品冒頭から抜粋

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
アマビブで取り上げてもよい
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了