TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

販売は2021年7月31日をもって終了しました。
たくさんのご注文をありがとうございました。
  • 生物実験室の彼女 スターターset

    あずみ
    600円
    大衆小説

  • 中学三年の尾瀬寛子は見た目が少し派手で誤解されやすいが、実は成績優秀な科学部の部員。
    めだかの海水適応の実験をしており、生物実験室で放課後を過ごすのが日課だった。

    だが、9月のある日を境に、一年の長良一佳が顔を出すようになり…。

    「普通に、息がしたい。どこにいても、苦しい」

    「……人とハグしたら、ストレス値が下がるらしいよ」

    興味、好奇心、仮説、検証、――そして導き出される結論は?

    "一匹狼"と"黒い羊"。"ぼっち"女子中学生の攻防は、大人になっても続いていく。

    |A5|自家製コピー本|3冊set|24頁〜32頁| 

    ※ コピー本 #1「生物実験室の彼女」#2「くびながりゅうのみやこへ」#3「そこは愛しきアクアリウム」のセット販売です。1999年から2020年までの百合のお話。

試し読み

「生物実験室の彼女」より



 彼女たちがはじめてキスをしたのは、生物実験室だった。


 生物実験室は、私立汀野大学附属中学校の四階建て校舎、その二階廊下突き当たりにあった。
 がらがらと音のする戸を横に引いて中に入ると、つん、とアンモニア、遅れてかめの水槽の匂いが鼻腔に届く。
 窓際に三つの水槽と手洗い場、反対側に人体模型や骨格標本、顕微鏡や電流計、実験器具等がおさめられた棚がある。
 奥には理科教諭用の準備室があるが、不在時は戸が閉まっていた。
 授業が終わると、寛子は毎日生物実験室に行き、めだかの水槽の横に座る。日課の後は、気の向くまま読みたい本を読んだり、気がかりな宿題を片付けたりすることもあるが、大きくてすべすべした黒い机の感触が好きで、突っ伏して居眠りしてしまうことも多かった。背もたれのない、木でできた角イスを前に傾けて眠ると、起きた時にはふとももの裏側に痕がついている。
 部活の時間ではあるが、他の女子部員は屋上菜園、男子部員は顧問の目が届かない三階化学室でそれぞれ羽を伸ばしており、教諭不在時の生物実験室は、実質、寛子ひとりの城なのだった。
 平穏な放課後。
 そこに、突如入り込んできたのが、彼女だった。
 ――すごい……目立つ子。
 と言うよりは、寛子の目に特別「刺さった」と言うべきかもしれない。長身で手足が長く、集団の中で頭一つ抜けそうなスタイルではあったし、好みの顔ではあったが、印象は地味であったから。
 短く切り揃えた髪は濡れたように黒く、前髪は厚め。運動部なのか、少し日焼けしている。リップすら引いていない化粧っ気のなさだが、その割には吊り目がちの瞳が大きくてかわいかった。紺のスカート丈は規定の膝下で、プリーツには皺ひとつない。
 まじめな中学生、を絵に描いたような姿だ。
 ――あ。でも……上履きの、色が違う。
 白い布キャンバス地の、つま先と底のゴムに色がついている上履きは学校指定のものだ。色が校則で決まっているわけではないが、不文律のように女子生徒はえんじ、男子生徒はコバルトブルーを選ぶものだったので、そうではない彼女は新鮮に映った。
 こだわりだろうか。何かの事情でそうなったのだろうか。
 開口一番に訊けることではないが、気にはなった。
 ――こんな子、いたかな。一年だろうけど。





エブリスタで全文公開中です。
(製本にあたり微調整中、追ってweb版も差し替えます)

https://estar.jp/novels/25497418

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了