TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

1.チェックボックスで注文する書籍を選択ください
2.上メニューの「購入する」→「カートへ」から購入フォームにお進みください
  • 現在売り切れ

    標本

    mee(粒子)
    300円
    純文学
    ★推薦文を読む

  • 自作のなかでも、少し目をそむけたくなるような、純度が高く、時に嫌われがちで、しかし時にひどく気に入って頂けるような、そういう『尖った』短編と詩を集めました。名刺代わりにしている一冊です。どうぞ宜しくお願いします。

    A5/32P/小説本/2段組/オンデマンド印刷
    送料:370円(BOOTHあんしんパック)

試し読み

(「展示物三 カメレオンの恋愛手法」)

「もう耐えられない、結婚して」
 そう呟いただけで、私とキスもしたことないくせに、その人は嬉しそうに「本当?」と聞いた。

 *

 付き合っていたはずのひとは勝手にどこぞと知れぬ女のものになっていて、他人と伴侶を共有するなんて気持ち悪いからすぐに振った。
 とにかく不快でたまらなくて、吐き気はするし下痢もあるしなんだかノロウィルスにでも感染したみたい。薬代わりにワインを飲んで、すぐに寝た。そして別に追いかけてくれると思っていたわけではなかったのに、翌朝スタンプすら送られてきてないLINEのトーク画面を見て、私たちの二年間は一体なんだったのだろうと絶望した。
 その反面、いまゼクシィを勝手に買ってきて私の横で嬉しそうに読んでる彼は、一年も前にお断りしたのにずっと私のことが好きだったらしい。その一年間、私はこの人をまるっきり放っておいて元カレに尽くしていた。努力って、あてにならない。
 私は結婚がしたくて、それも普通の結婚では嫌で、なんでもいいというわけじゃなかった。女性であるという理由だけで結婚しようと言われるのも、家事力や経済力を目当てにされるのも、若さや美しさだけで求められるのも嫌で、ただ、愛してるという理由だけで選んで欲しかったし、選びたかった。
 なまじ良い職について、自立しているだけに、ただ生活するだけなら私は一人でも生きていける。だからこそ、相手にも、僕の人生には実は女性はいらないんです。でも、貴方を知ってしまったので、どうしても欲しくなりました。結婚してください。というようなプロポーズがされたい。
 ついでに言うなら子供が欲しいからと結婚されるのも嫌だった。家族になるのは私だけ。私だけを目当てに結婚して欲しい。
 ねえ、と、今や婚約者となった彼に迫ると、これ以上ないぐらい気を使った瞳でこちらを向く男がいる。
 この幸せを、なぜ、今、彼から手に入れられるのか分からない。彼がどうして、私のことをずっと好きだったのか分からない。
「ずっと、彼女は作ってなかったの?」
 私がそう聞くと彼は少し考えるようにしてから、そうだねと答えた。
 補足するように、五年いなかった、と付け加える優しさ。

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
アマビブで取り上げてもよい
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了

生きることがただただ大変でした。

動物たちのシルエットがえがかれた涼やかな表紙が目を引く一作です。
筆者による様々な作風の短編や詩を展示品のように並べたつくりは、まさに標本。どの話もすぐに読むことができる短編なので、初めてmee様の作品にふれる方にはおすすめです。
「――とはいえども」凝縮された世界観と独特のテンポに魅了されてスナック感覚でサクサク読むと、後からジワジワ来ます。来ました。
むきだしの感情、生肉、焼けた肉、ギュッと詰まった理不尽と独白。
瞬間的な感性を瓶詰めにして、よい香りの保存液で満たされた文章に出会いたい方、こちらの作品がそうです。人生や、愛や、懺悔。とにかくすっきりしない感情を抱えた彼らに共感したり寄り添えなかったり、好きになったりしました。
一作目に「焼肉定食」を配置するセンスが大好きです。