TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

販売は2021年7月31日をもって終了しました。
たくさんのご注文をありがとうございました。
  • ティム・アンカーソンの弟

    湖上比恋乃
    450円
    大衆小説
    ★推薦文を読む

  • ティムは父親が誘拐してきた少年エルマーと兄弟になろうとしていた。食事を用意してやったり、風呂に入れてやったり、いつか一緒に逃げだそうと約束したりする。その、約束の日。父親を撃ったあと家を飛び出した二人を、エルマーの捜索を続けていた警察が港で発見する。

試し読み

 ニューオーリンズは夏の熱気にあふれていた。新米警官のケイト・マクウェルは、サングラスの向こうに見えるはりきりすぎた太陽を睨んだ。配属されて初めての事件が五年も未解決だったものだと知ったときは、まさかこんなことになるとは思いもしなかった。警官という職業への憧れは遠い日に捨てたはずだったが、まだ心の奥深くに残りカスがあったらしい。まるで見放されたような事件の担当にされたマクウェルは、新米特有の大きなやる気がしぼんだのを感じた。それでも地道な捜査(といってもすでに事件発生当時にやりつくされたことをなぞるだけのようなそれ)のおかげか、こうして解決まであと一歩のところにきたわけである。
 マクウェルは初めての事件が解決を迎えることに対して、妙な高揚感をおぼえていた。焦りのようなものもあったかもしれない。車から降りると同時に、携帯していた銃を取り出し、構えた。全く不謹慎ながら彼は「今の自分はとても警官らしいことをしている」という興奮状態でもあった。
 港近くに停車した三台の車には、警官が二人ずつ乗っていた。マクウェルとペアを組んでいたのは、彼の教育係に任命されていたキャロル・レディントンだった。彼女は射撃の命中率で署内外から一目置かれている存在だ。マクウェルはわかりやすく彼女に憧れ、成果を報告しては褒められるのを全身で喜ぶ懐きぶりで、今や署内での名物となっている。
 車の反対側でサングラスを外したキャロルを視界の端に捉え、何故、と思う。こんなにもまぶしいのに。いくら命中率が抜群だろうと、まぶしさに目が眩んでは当たるものも当たらないだろうに。
 睨んでいた太陽から視線を下げれば、そこには二人の少年がいる。潮の匂いが漂い、湿気と汗が髪を顔にはりつかせていた。これこそがニューオーリンズだといわんばかりの夏だった。グリップを握る手にも汗が絶え間なく、すべらないよう変な力がはいる。キャロルもそうなのだろうかと考える暇はない。今は目の前の少年たちに集中しなければ。
「銃をこちらへ!」
 キャロルがよく通る声で彼らに話しかけた。話しかけたというよりも、それは命令に近かった。
 銃を持った年上の少年も、彼に手を引かれている年下の少年も、二人そろって怯えた目をしている。マクウェルの予想とは全く違った反応であった。妄想の中では小さな彼は人質のはずで、大きな彼は少年を乱暴に扱っていなければならなかった。

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了

ぼくのみていたものと、きみのみていたもの

未解決事件の解決からはじまる物語。
そこにいたるまでに何があったのか、どうしてそのようなことが起きたのか。ティムが語っていくことで、事件の詳細が浮き彫りになっていく。
ティムのこと、「弟」のこと、ティムのせかい、せかいをおりなすひとびと。
ラストでティムが目の当たりにしたもの。
落ちついた筆致と、かわいた文体がつみあげていく物語。それゆえにうまれた距離感から、ものがたりに触れることのできる作品です。

さきは