TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

販売は2021年7月31日をもって終了しました。
たくさんのご注文をありがとうございました。
  • お/と/な、り

    高梨來
    300円
    大衆小説

  • パンデミックが猛威を振るう日々、ベランダに出た俺は、隣に住むその人がはるか遠い階下にいる恋人と手を振りあう姿を偶然目にしてしまう。どこか立ち去りがたいような気持ちに駆られた俺は、ふいに隣に住むその人へと声をかける。
    コーヒー一杯によって近づいた距離が紡ぐ、「おとなり」さんとのどこかもどかしくもいとおしい関係性について。
    『恋』にどこかよく似ていて、それでもきっと『愛』にはたどりつけないもの。

試し読み

 すっかり見慣れてしまった灰色の光景の中にぽつんと一滴、インクを垂らしたかのような一際鮮やかな色彩が灯る。

 アパートのすぐ前、殺風景なコンクリートの歩道と駐車場の前で、赤い影がかすかに揺れていた。南天の実みたいな、こっくりと深い朱色のマフラーだ。ゆるやかに束ねられた艶めいた焦茶の髪、フェイクファーの耳当てに、いかにも仕立ての良さそうなチャコールグレーのコート、ブラックウォッチの細身のパンツ、肩からはシンプルな黒いキャンバス地のトートバッグ。
 顔を見なくたってわかる。あの人だ。それなら――すこしだけぬるまったコーヒカップを手に大人しく部屋の中へと退散しようとそう思うのに、なぜだか足が動いてくれない。
寒さのせい――ばかりではないのは、なによりも自分自身が知っている。
 たっぷりとゆるやかに巻きつけたマフラーの裾を揺らしながら、その人がこちらへと振り向く。マスク越しの、こんなにも遠目からでもはっきりとわかるような花が咲いたようにやわらかく綻んだ笑顔で。おおきく手を振って、何かを伝えようとしている。
 まるで映画やドラマの中から抜け出てきたかのような鮮やかな場面だ―登場人物なんかじゃないはずの自分が紛れ込んでいることが、おかしくてたまらないほどの。
手袋をはめた指先が、耳にかけたマスクの紐をそっと外す―そうだよな、これだけ離れてるんだから。
気まずい心地に駆られるままにそっと視線を逸らし、すこしだけ身を乗り出すようにして薄べったい仕切りで遮られた隣のベランダのようすを盗み見れば、思ったとおりに、厚手のニットガウン姿のその人が大きく手を振りながら微笑みかけている。
初めて目にした時とおなじ、きっと幾度も繰り返されてきたはずの、ふたりにとっては『あたりまえ』の光景。この一年とすこしの時間がこんなにもその意味を変えてしまうだなんて、思いもしなかったけれど。
気づかれないようにぎこちなく目を逸らし、そっと身を屈ませて、赤いマフラーの主の姿を盗み見る。
何やってるんだろうな、ほんとうに。罪悪感ならそりゃあ余りあるほどなのに、なぜだかすこしも動けない。ちいさな影がゆっくりと遠ざかって消えていくのを確認してから、わずかに身を乗り出すようにして隣のベランダの主人へと声をかける。

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了