TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

販売は2021年7月31日をもって終了しました。
たくさんのご注文をありがとうございました。
  • 卵怪談

    海崎たま
    200円
    大衆小説
    ★推薦文を読む

  • 「孵らなかった卵の中には、生まれなかった僕の妹。」
    兄と妹、祖父と孫。卵を巡る、怪談短編集。(全二編/文庫版56ページ)

試し読み

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了

卵一個分の怪異

 怖い話だ、と思う。
 第一話目の妹の心境の変化、あるいは第二話の祖父が抱いていた闇について、捨象してしまうならば、怪異らしきことは各話、卵1個分しかおきていないのだが。
 兄の手前勝手な「愛情」(もちろん兄にとってはそれは嘘偽りない真実であったろう)と言う名の卵の殻、祖父の「過去」を封じ込めた卵の内。
 白くまろやかな姿をして、卵のうちに閉ざされた闇は深い。それは、「家」の内に閉ざされた家族の抱える闇のように。
「あるようでない、ないようである」怖さの、産みたての卵の殻のような、仄あたたかい、ざらりとした感触に怯える作品。

宮田秩早