TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

販売は2021年7月31日をもって終了しました。
たくさんのご注文をありがとうございました。
  • 天使の標本

    恣意セシル
    500円
    純文学

  • 猛毒の青い蝶が乱れ飛ぶ町。
    その危険性から廃止された町の中で、
    青年は森の中で眠っていた少女を見つける。

    その正体が何者なのかわからないまま、
    彼は罪悪感に押しつぶされそうになりながらも
    彼女を手放すことが出来ない。

    そうして、ぎりぎりの危うい均衡を保っていた
    歪な共同生活に、ある日、突然変化が訪れる。


    2012年に頒布した、「天使の標本」の初版本です。
    (内容はほぼ同じですが、結末が2021年5月16日頒布の
    「天使の標本と異なっております)

試し読み

 たたん、たたん、と、窓に何かのぶつかる音がする。たたん、たたん、たたん、それは一定のリズムを刻んで、いつまでもぶつかり続けている。
 視線をそちらへ向けると、真っ暗な夜闇の中、青白く発光する蝶が何匹も群がって、窓硝子にその身体を叩きつけている。
 僕は忌々しさに眉根を顰め、窓際にあるスイッチを入れた。
 ばちんと音がしたかと思うと、雷のような音がして窓の外を飛ぶ蝶が一斉に燃え上がる。窓枠には針金が貼り付けてあって、スイッチを押すと電流が通って火花が走り、それが蝶に燃え移る仕組みになっている。蝶――プルキニエの蝶は猛毒を持っているので、ここらに建っている家には必ず設置してある装置だ。
 一瞬で燃え尽きてはらはらと地面へ落ちていくのを見届けて、僕は部屋を出た。今夜は念の為、家中の窓枠に電気を通してから寝た方がいいだろう。
 ここには、とても大切なものがあるのだから。
?


 プルキニエの蝶はある日突然、現れた。
 夜に活動し、薄暮の頃に青白く発光しながらどこからともなく飛んでくる。その様は奇跡のような美しさだけれど、鱗粉の毒性は凄まじい。ほんの一グラムを体内に入れるだけで神経をずたずたにされ、あっという間に死に至る。いまだにそのメカニズムは解明されていない。僕たちにはひたすら逃げ回る以外、身を守る方法がないのだ。
 彼らは寒さにも暑さにも耐性があるようで、季節を問わずに姿を見せる。しかし僕が住むこの小さな町の外で見ることはまったくない。
 家の鍵を探すように、恋人へ求婚するための指輪を探すように、忘れてしまった大事な約束を探すように、蝶は夜毎に彷徨い回る。そして焼かれて死に、それでも尚、どこからか現れて彷徨い続ける。
 町の人は口々に「呪い」や「天罰」を口にし、怯えて外出を控えるようになった。呪いも天罰も、何百年も前に滅んだ「宗教」という概念の亡霊みたいなものだけど、恐怖を感じるとそういうものを引っ張り出してきたくなるものらしい。人間の悲しい性だ。
 当然ながら町を出ていく人も増え、ここにはもう僕の他には二、三家族くらいしか残っていない。
 プルキニエの蝶の鱗粉は人にとっては致死性の毒だが、その他の動植物には影響がない。人だけが減り、犬や猫、野生の栗鼠や鳥が集まり続ける。もう三年が経つけれど、放置された家は植物が生い茂り、まるで世紀末を語る小説の世界の中みたいだ

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了