「あかるく」


葉ようとやつてきたね脈みゃくと生きてきたんだねと抱いてやる

黄金の銀杏並木はその侭に黄金の路となる農学部

赤い葉もあをい葉も冬が撫で去りて落ちてゆきたり何故あかるくなる

落葉のあとで枝枝見えしとき刺し違へてゐて胸も尖ぬ

葉を踏みて「かしゃり」が次の「かしゃり」までダンスのやうに歩く御所にて

落ちた葉は崩れをり続き何処までも落ち地の底で沈黙の侭

無口だね京大近くのカフェーにて季節柄の寂しいのだと決める

カフェラテの泡が消えたらさやうなら押し葉の栞で綴ぢたら終り

園庭の落ち葉拾ひてたんたんと絵具叩いて紙にしなせる

平たき眼をして一枚ひらう葉の葉脈これが樹の血脈か

         ■ 泉由良

十一月都々逸「葉」

四つ葉を探してふたり歩いた思い出みたいな冬の空

散ったところで何度ものびるクズの色した自己主張

とぎ澄まされたカヤの葉みたいに言葉で刺したい別れ際

大麻みたいに酔わせてみてよどうせこの世はわるいから

どうせ死ぬなら葉っぱになりたい誰も知らない道端の

       ■ にゃんしー

十一月雑詠

末枯や紙幣に指がねばりつく

荒星や地上に届く飛機の音

小春日を透明にする窓がらす

神をらず蹠に痼る血は鉄に

南天の実と遠州の陶房と

刀身へ女ら冬の貌映す

城下町へ蜜柑の実る木を載せて

 ■ 牟礼鯨

十一月題詠「葉」

これはもと何枚の葉かティーバッグの中はよく見えない緑茶

これはよく見える茶漉しでこしているこれから立てる安いお抹茶

この中にも葉はあるのかと振ってみるインスタントミルクティーの粉末

残された葉書の画像データをみ君に手紙を送りたくなる

樹であった葉は確かに樹であった落ちたときにはもうただの葉で

       ■ 朝凪空也

兼題「葉」

 ■

木の葉散るネパールの紙棚奥に
          牟礼鯨

  ■

葉脈に秋の日暮れを見せてやる
           泉由良

十月雑詠

風力発電機一基回らず渡り鳥

水始涸よジャム瓶底に闇

亀虫や階下の人は無口なり

ジェイコブの梯子まきとる秋の潮

山霧を鬻ぐよ無人販売所

次郎柿や鉱山雨に濡れてゐて

秋霖や有楽街のあぶれ猫

秋雨の底ひに藍のマッチ箱

  ■ 牟礼鯨

十月題詠「かそう」


 仮想

金を出し時間を使いバーチャルの世界に逃げて、逃げて、逃げて

 仮装

化粧してそれなりに見える服を着て仮装し武装し息を殺すの

 火葬

肉焼ける匂いもなにもわからずにただ煙だけがのびる火葬場

 下層

あす食べるお米がなくて無保険で電気もガスも止められました

       ■ 朝凪空也

十月題詠「仮装」

タバスコで これでもかと仮装した イタリアン 案外食べられた 学生の頃

そばうどん だし気(け)のものは ことごとく 一味で仮装 これまた美味

せんべいは 塩もいいけど しょうゆ味 仮装で変わる 腹持ちの時間

カレーなら ナンに装うか ライスにするか どちらの仮装も 捨てがたし

ニンニクは 家族みんなが 避けるから 私しかできない 美味なる仮装

       ■ 偲川遙

十月都々逸

「花葬」

葬式で知った花の名前に生きた理由を思い出す

「仮想」

忘れたままの思い出だけが今の僕には大切で

「火葬」

灰になるまで愛していたよたとえば空が青くても

「仮装」

恋人のふりを装っていたほんとは全然わるかった

「カソウ」

無色無臭を水に溶かしてあなたに飲ませる苛性ソーダ

       ■ にゃんしー