TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

販売は2021年7月31日をもって終了しました。
たくさんのご注文をありがとうございました。
  • ミスミミミと七不思議

    小高まあな
    1000円
    エンタメ
    ★推薦文を読む

  • 七不思議を追うと、いつもそこに彼女がいた。

    文芸部の透史は、部長の趣味に合わせ部誌作成のため、七不思議について調べていた。
    呪いのピアノ、深夜のバスケットボール、招かれざる生徒、ニセモノの神様……。
    友達以上恋人未満のクラスメイトで部活仲間の弥生とは、調査の中で少しずつ距離を近づけていく。

    一方、調べていく先々で、変な時期に転校してきた三隅美実とも遭遇する羽目になる。 ちっとも喋らない無愛想な転校生は何かを知っているようだが……。


    学園三角関係ラブコメwith七不思議

    文庫/222ページ

試し読み

第五幕 ミスミミミと招かれざる生徒 (1)

 その日の夜、透史は自宅のベッドに寝っ転がりながら、イヤホンジャックにつけた石を眺めた。
「お守り、ね」
 実際、家から帰ってくる間にへんなものは見ていない。彼らの話を全て信じたわけじゃないが、へんなもんを見たのは事実なのだ。もらえるものはありがたく受け取っておこう。
「お菊さんが聞いたら喜びそうだな」
 とはいえ、彼女に伝える気はない。喜びそうだけど、喜びすぎそうだから。話して信じてくれないどころか、菊ならば完全に信じてくれるだろう。だが、ミスとかの迷惑になりそうだし、見えないものを見えないまま追いかけている方が彼女のためになる気がする。
 そんなことを考えていると、ぶーっとケータイが震えた。
「っと」
 着信。表示は弥生だ。電話? 珍しい。
「もしもし? 弥生?」
 ちょっとだけ緊張しながら出ると、
『透史君っ、助けてっ』
 悲鳴のような声が聞こえる。
「弥生?」
 のっぴきならない気配に、慌てて体を起こした。
「どうした?」
『助けて、あたし……ミスがっ!』
「え、ミス?」
『帰りたく、ないのにっ! あたしはっ』 
 ぶつっと、そこで通話が切れた。
「もしもし? 弥生? 弥生?!」
 思わず立ち上がり、端末に向かって怒鳴るが、ぷーという不通を知らせる音のみが返ってくる。
「なんだっていうんだよ」
 助けて? ミスが? 意外な名前に首をかしげながら、こちからから掛け直す。つながらないどころか、電源が入っていない旨のアナウンスがかかった。
「ミスの番号……は、わかんないし」
 そうだ、さっきもらった名刺。財布にしまった皆子の名刺を取り出すと、その番号にかける。でも、この番号も繋がらない。
 どうしよう。何か問題が起きたようだし警察に連絡? でも、弥生が出したのはミスの名前だし、大事にしない方がいい? 何が起きたかわからないし。でも、弥生の家は知らないし……。
 ああもう、と頭を掻く。でもこのままにしておくのが適切だとも思えないし……。
「そうだ、お菊さん!」
 たまには部長を頼ってみよう。菊の番号を呼び出す。
『透史? なんなの、こんな夜に』
 不満そうな菊の声を無視して、
「お菊さんっ、今、弥生から電話があって、様子が変でっ!」
『弥生?』
 すがりつくような透史の言葉を、菊の言葉が切り捨てた。
『誰? それ?』
「え……?」
 この人は、何を言っているんだ?

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了

たったいちどの学生生活

 小高さんは小説ではおもにライトノベル分野の作品を生み出されていますが、なにを書かれても本当に上手くて、「お約束はきっちり押さえつつ」「ひねりは加えつつ」「伏線張りは緻密に」と三要素を押さえたうえで物語を盛り上げてくるので面白くない訳がない。

 学園の七不思議、変わった転校生、おかしなことに首を突っ込みたがる新聞文芸部の部長……とお約束を押さえつつ、随所にひねりがあって、お約束でも意外性でも楽しめます。
 ちなみに私は「小高さん中級者」(自称)くらいなので、「七不思議の○○が××」なのは気づいてましたよ!!ちゃんと伏線張ってあるの気づきました!相変わらず伏線張り上手い!

 「普通」に学生生活を送れる主人公とは違い、「宿命」を持った者はなかなかそうはいかない。
 そこを、「なんとかしよう!」と手を差し伸べようとする主人公の姿が熱い。
 ラスト、ちょっとうるっときます。

宮田秩早