TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

1.チェックボックスで注文する書籍を選択ください
2.上メニューの「購入する」→「カートへ」から購入フォームにお進みください
  • カートに入れる

    水と光にとじこめて

    しまこ
    500円
    エンタメ

  • 青春恋愛小説短編集。爽やかで甘酸っぱい5つのお話。
    高校生男女、幼なじみ、クラスメイト、ひと夏の出会いなど。
    アンソロに寄稿した作品や、以前投稿サイトに載せていたものをまとめました。

    収録内容
    「君と夢見るスポットライト」
    アンソロジー光 参加作品
    「傘の下の嘘」
    「桜と雨と、罪と罰」
    「カモメのお姉さんと、夏の約束。」
    #web夏企画 あの夏を幻視する 参加作品
    ↓カクヨムに全文掲載しています↓
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054918474411
    「透明になる」

    あとがきトーク&書き下ろしSSペーパー付き。

    A6サイズ/88p/¥500

試し読み

(「君と夢見るスポットライト」より)
 私たちはここで空を見上げるのが好きだった。色も、雲の形も、光の降り注ぎ方だって毎日違う。今日はまるで綿菓子のような、ふわふわで甘そうな雲が浮かんでいる。つかめたらなと思い手を伸ばしたところで、隣からぐぅとおなかの鳴る音が聞こえた。
「副部長、なにか食べ物を持っていないか」
「チョコとポテチがあります」
「素晴らしいチョイスだ」
 彼が部長で私が副部長。そう呼び合ってはいるが、これは正式な部活ではないし同好会ですらない。メンバーは私たちだけ。家に帰りたくない二人がだらだらと放課後を過ごす会。
 帰宅したくない部と命名したのは御堂だ。晴れている日はこうして旧校舎の屋上に忍び込むことが多かった。部室のような感覚なのかもしれない。普段は生徒の立ち入りを禁止して施錠されているから、職員室でこっそりと鍵を『借りて』使わせていただいている。雨天の日は図書室で読書をしたり、ファーストフード店でしゃべったりと、活動内容はさまざまだ。

 まだ桜色がひらひらと踊っている頃、私は一人だった。
 必死に勉強して進学した高校は両親の望むレベルには達していなくて、兄と比較する言葉を浴びせられる日々がつらく、だんだんと帰宅時間が遅くなっていった。やりたい部活や習い事も見つからず、目的もないまま誰もいなくなった教室にいつまでも残る日々。選択肢を増やすためにバイトでもしようかと、スマホで求人情報を検索しているときだった。
「伏見、帰らないの?」
 いつも友人に囲まれているクラスの中心人物、という印象を抱いていた。そんな御堂に声をかけられたものだから非常に驚いた。
「御堂、くん? こんな時間になにしてるの」
「それはこっちのセリフ。俺はちょっと先生と話してただけ」
 机の横に引っ掛けてあったバッグを手に取ったから、帰るのかなと思っていたのに。なぜだろう、私の隣の席に腰を下ろしてしまった。
「もしかして家に帰りたくないとか?」
 ぎくりと体が硬直して、目が泳いでしまう。
「どうしてそう思うの?」
 質問に質問で返すのはずるいとわかっていた。
「俺も同じだったから」

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
アマビブで取り上げてもよい
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了