TEMPLATE - [PROJECT] TEMPLATE - [PROJECT]

あまぶんウェブショップ

1.チェックボックスで注文する書籍を選択ください
2.上メニューの「購入する」→「カートへ」から購入フォームにお進みください
  • カートに入れる

    Stray Marker

    まつのこ
    700円
    エンタメ

  • 「……行くしかないな!」
    機械技術の発達した国ワード国。
    王子のルージュとリージュは、父である王に反して争いには反対の意思を持っていた。
    そんなある日、王によって他国の王と姫を殺すよう命じられた。
    あまりにも残酷な命令に、二人は反発して国を出ていった。

    双子の王子が放浪するファンタジー

試し読み

「愛しい君は何処へ行く〜♪ 僕はいつまで待っている〜♪
 愛しい君を想っても〜♪ 僕はただ独り〜♪」
 夕日で染まる王都の中心に位置する城の屋上。茶髪の少年が哀しげな歌を口ずさんでいた。
 無機質な建物は遠くまで広がっており、その色はオレンジ色に染まっていた。
 彼はそんな景色を眺めながら歌の続きを口にしようとしていた。
「遠く遠く君がいても〜♪ 想いは決して変わらない〜♪」
 だが、別の声によってそれは阻まれた。
 その声のする方を振り返ると、彼と同じ顔をした黒髪の少年がニヤリと笑いながら立っていた。
 彼は近寄ってきて隣に並ぶ。
「ルージュ、探したぞ」
「リージュ……。すまないな」
 ルージュの肩をぐっと抱きながら、リージュはさらに笑いながら口を開く。
「そんな気にするなって。どうせ、ここにいるだろうって思ってたし」
「そうか。確かに俺はいつもここにいるな。で、探してたってどうしたんだ?」
「父上が俺たちを呼んでいた」
「……分かった。行くか」
 父、そう耳にした途端ルージュの表情はどこか影を含むようなものになっていた。
 そんな彼のことを察したのか、肩から手を離した途端リージュも真剣な表情であった。
 二人は並び、それはまるで兵士を思わせるような凛々しい姿勢で歩き出し、誰も寄せ付けずにテラスを後にした。

 ***

 機械技術の発達したこの国の名はワード国。かつては平和であったこの国であったが、現在の王の私欲により隣国との争いが絶えなかった。
 だが、高度な技術と統率により、誰にも止められない勢いで国の領土を広げていった。
 ルージュとリージュ。二人はこの国の王子でありながら、争いには反対である。そのため、父である王よりも国民の信頼は高かった。
 幼少期より鍛えられた剣術の腕は誰にも届かないものであり、幾度となく争いのために使われることもあった。
 国民を守るためだと正当化して何とかその意思を貫いていたが、まだ少年である彼らにとっては重荷でしかなかった。
 それでもまだ、彼らは国民の笑顔に直接触れられていって少しは癒やされているようであった。
 時折、二人は城を抜け出して王城近くの街に顔を出すことがあった。そんなとき、国民たちは二人に優しく接し、感謝を伝える者がほとんどであった。
 その言葉に救われ、二人は何とか彼らの笑顔を守ろうと剣を握っていられるのである。

推薦文を投稿する

お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000字以内)
アマビブで取り上げてもよい
セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください

入力完了