出店者名 ペーパーカンパニー
タイトル 枝野幸男の名演説
著者 茸子(編集)
価格 250円
ジャンル そのほか
ツイートする
紹介文
2015年9月。安保法制を強行採決した安倍内閣に対して枝野幸男氏(当時民主党)が行った不信任演説です。動画などもYouTube等で見られますが、文字にすることで理解しやすい面があると思い、本にしました。 書き起こしはこむぎさん、kaori matsumotoさん、NIPPONIA ARCHIVES http://tekitoeditor.hantenadiary.jp からの引用です。 写真はあきちゃん、ミエちゃんのコレクションから。 茸子による注釈をつけました。紙の本で縦書きで読みたい方、ぜひお求めください。 作品の性質上利益をとってはならないと思い、印刷代でお分けしています。
演説本体および写真の利用については枝野氏の了承を得ていますが、あくまでも非公式に趣味で作った本です。枝野氏、枝野氏の事務所、立憲民主党とは関係がありません。

 民主党の枝野幸男です。
 まず冒頭、今回の台風18号[脚注]関連による大雨被害によってお亡くなりになられた方々に対し、改めて衷心よりお悔やみを申し上げます。また、各地で被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。
 さてこれより、私は民主党・無所属クラブ、維新の党、日本共産党、生活の党と山本太郎と仲間たち、社会民主党市民連合を代表し、安倍内閣に対する不信任決議案の提案の趣旨を説明いたします。
 まず、決議案の案文を朗読します。
 本院は安倍内閣を信任せず、
 右、決議する。

9月7日に発生し日本の南海上を北上、9月9日に知多半島に上陸、日本海に進み同日夜に温帯低気圧に変わった。関東・東北に記録的な大雨をもたらし、被害は死者14名、負傷者80名、住家全壊81棟、半壊7045棟、一部損壊384棟、床上浸水2495棟、床下浸水1万3159棟など。




推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください