出店者名 野間みつね
タイトル 魔剣士サラ=フィンク
著者 野間みつね
価格 3500円
ジャンル ファンタジー
ツイートする
紹介文
かつてケルリ王国を恐怖のどん底に陥れた無差別殺人鬼“魔剣士”サラ=フィンク。しかし、たまたま助けてしまったケルリの第二王女ミルシリアの存在が、彼を次第に変え始める。血に飢えた魔剣ブリザードと己自身を救う手立てを求め、彼女と共に“魔道王国”ルーファラを目指す彼の旅の途上に待っていたのは……▼魔剣を操る青年魔道士と亡国の元王女との旅の途上で起こる事共を描く、長編ファンタジー小説。割にオーソドックスな、「所謂『剣と魔法』の何となく西洋風なファンタジー」の皮を被っておりますが、血沸き肉躍る冒険譚というよりも、寧ろ道中記に当たりましょうか。▼表紙込み820ページ上製本という鈍器ですが、これ1冊で取り敢えず完結はしていますので安心です(?)。▼【2018/09/12】どのくらい鈍器かを見ていただく為に、書影を写真に変更しました(汗)。

 このところ、サラ=フィンクはブリザードを抜いていない。
 彼は、洞窟を出て近くの岩陰に歩きながら、唇を歪めた。あの、ミルシェを拉致した冒険者三人を刃に掛けてからこっち、一滴も人の血を浴びていないブリザード。彼には、そのブリザードの不満の燻りがわかっていた。何しろ、同行者が居なかった頃は三日に上げず新鮮な血を啜っていたのに、今回などはもう十日以上も血に有り付けないでいるのだから。
(俺は……あの娘と出会ってから、変わってしまったんだろうな……)
 彼は、自分が“魔剣士”となってしまってからというもの、極力他者と心を通わせまいと努めてきた。心を通わせた相手をブリザードの餌食にしてしまわないという保証はなかったからだ。現に彼は、心惹かれた女性にブリザードを打ち下ろして無残に死なせた苦い思い出を持っている。もう二度と、あの時のような思いはしたくなかった。だから、ずっと独りで、ひとつ所に留まることなしに、歩き続けていたのだ。
 それが、あの日、彼があのサラ=フィンクだとわかってさえも一緒に連れてゆけと泣きながら迫ってきたひとりの娘を受け容れたことで、変わってしまった。
 サラ=フィンクは、元来、冷酷無比でもなければ、残虐非道でもない。その無愛想も、ブリザードを握るようになってから、自分を鎧う為に、そして己の繊細な心を他者の目から隠す為に、身に付けたものだ。たとえ成り行きとはいえ、一旦懐に飛び込んできた相手を平然と手に掛けられる男ではなかった。
 ミルシェと名乗った娘を、第二のエルシースにはしたくない。
 その思いが、それまで“如何に自身の心と折り合いを付けつつ効率良くブリザードを満足させられるか”のみに意を払って流血の彷徨を続けてきたサラ=フィンクに、“ブリザードの魔性を魔道の技で抑える手立てはないか”という考えを抱かせるに至り、“魔道王国”ルーファラ行きを決意させたのだ。
 しかし、幾ら彼の心持ちが変わろうとも、ブリザードの魔性が変わったわけではない。相変わらず血を求め、隙あらば彼を支配して殺戮の宴に引き摺り込もうとするブリザードを抑える苦労は、並大抵のものではない。その上、ルーファラに行ってもどうにもならぬのではないかという不安も拭えない。
(それでも……何もせずにいるよりは、と思ったから、俺は此処まで来たんだ)

   ――「暗黒魔道士の事情」より




推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください