ニュース
書籍一覧を掲載しました(2018.10.04)
当日カタログを掲載しました(2018.10.04)
イベントは終了しました。たくさんお越しいただき、ありがとうございました。(2018.10.08)
スケジュール
7月21日(土)~8月31日(金):直接参加・募集受付
8月4日(土)~8月31日(金):委託参加:募集受付
9月1日(土)~9月23日(日):通販申し込み受付
10月7日(日):尼崎文学だらけ
リンク
本をさがす
「弥乙澪」(大衆小説)
お品書き
弥乙 澪(みいつ みお)。 ヒト。大阪芸術大学文芸学科卒。 学生時代はローカルヒーローの声優として活動していた。 現在は教育関係の職に就いている。憧れの作家は岡田淳。 青春群像・義理人情を書く小説家。カバーイラスト・挿絵も著者自身が描く。 主に児童文学を手掛けている。等身大でリアルな心理描写が好評。 著書に『笑顔で前を向けるまで』『文芸バレーボール』。 『笑顔で前を向けるまで』は、いじめと引っこしを扱った短編で、 小学6年生女子の心情を一人称で切に語っている。 弥乙澪の処女作であり、大人にも読んでほしい児童文学。 『文芸バレーボール』は全3巻予定で、現在は上巻・中巻のみ発売されている。 舞台は、子供たちの学力と体力の低下が嘆かれている100年後日本。 文芸とバレーボールが融合した新球技で全国大会を目指す男子高校生たちの話。 ギャグ要素が強いが、弥乙澪らしい設定や描写が散りばめられている。 章の合間に4コマ漫画がたくさんあり、活字が苦手な人でも読み進めやすい。 試合のシーンは文芸知識も身に着く一石二鳥な小説。 電子書籍・グッズ展開もあり、弥乙澪の代表作。 本人からの一言:あまぶんは初参加です。どうぞよろしくお願いいたします。
[twitter][website]
「時間制限は一時間。先に三点取ったほうが勝ちで、いいよなあ」…
大衆小説
文芸バレーボール 上
弥乙澪
1,500
舞台は2100年代、日本。国語力と体力が著しく落ちた子供たちを何とかすべく、ある新球技が提唱された。文学的なワードを連想ゲーム形式で叫びながら、ラリーを繋いで戦う。その球技で全国を目指す高校生たちの物語。
 待ちに待った全国大会が始まる。学校から最寄りの駅前に私服で…
大衆小説
文芸バレーボール 中
弥乙澪
1,500
2113年3月15日、全国大会初日。新古今高校、歌仙高校、聖コトバ学院、日本再生大学付属高等学校、万葉高校、そして唄唄い高校他、更なる脅威も? 2100年代日本を舞台に繰り広げられる新感覚スポーツコント、待望の続編。あなたは文芸、好きですか。
 どこで道をまちがえたのだろうか。広い教室の片隅で、ずっと考…
純文学
笑顔で前を向けるまで
弥乙澪
450円
いじめを原因に、小学六年生で転校することになった悲観的な少女、森野由麻。新しい学校でもなじめず孤独を感じていた。 文庫本サイズ/一巻完結/104頁/くるみ製本/カバー付き
結露した窓 ドアのあく音 時と流れる るり色の空 ラッパ…
詩歌
詩集 あまやどてんし
弥乙澪
500円
高校生から大学生の時分に書いた、生死をさまよう不安定な感情詩や情景詩をまとめた一冊。挿し絵有、残数9冊、増刷予定なしです。