カマタまで文学だらけ
出店者名 豆塚エリ
タイトル 詩集「夜が濃くなる」
著者 豆塚エリ
価格 900円
ジャンル 詩歌
ツイートする
紹介文
もともとおわりなんてないんだから
じょうずにおよぎきってみせるわ――。

覚悟も決意も、迷いの中で見つけるもの。すべては夜が濃くなる時に。
寄り添い、突き放す豆塚エリの6冊目の詩集。
あなたの本棚にひっそりと咲かせて。


夜に"落ちていく"
濃い夜に落ちる眠りのように、世界に浸ることができる詩集だと思う。
世界。
豆塚さんの詩は、とても大きなものが、とても小さく書かれている。
ほとんど四角形に製本された詩集のかたちのように、
区切られた場所にどこまでも広がる世界だ。

開いて、決して読み終わることのない物語を読んでほしい。
朝なんて来ない。
この詩集を開いているかぎり、朝なんて来ない。

「君の柔らかな体は
うそをつくことが得意だ」

この一文がいちばん好き。
推薦者にゃんしー