出店者名 大坂文庫
タイトル 忍嚆矢
著者 上住断靱
価格 800円
ジャンル そのほか
ツイートする
紹介文
上住断靱が過去に書いた四編。伊賀忍者を中心とした忍者小説短編集。

「鷹の目」(たかのめ)
甲賀忍者、杉谷善住坊は鉄砲の腕に自信を持っていた。
信長狙撃依頼を機に天下に名を轟かせるべく、信長狙撃に挑むが……。
「野火の銀八」(のびのぎんぱち)
秀吉の四国攻略、蜂須賀小六より四国一宮城貯水池破壊の命を受けた川並衆、小野銀八郎と長宗我部忍者、竹内虎之助との攻防。
「雨請山砦」(あまごいやまとりで)
甲賀武士、望月猪太郎は名を上げるべく子分を連れて、天正伊賀の乱に蒲生軍として参戦するが……・。
「忍嚆矢」(しのびこうし)
天正伊賀の乱において伊賀、島ヶ原党代表の富岡忠兵衛は不戦を示すが、自らは伊賀を守るために決戦の地、比自山へと一人駆ける。公と自を分けた冷静ながらも血気盛んな彼は、戦場で何を見たのか。

最後に丁寧な解説つきです。主人公は実在した忍者をモデルにしています。




推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください